引きこもり専業主婦 すなこの日々

引きこもり専業主婦 すなこの日々

なんとなく生きる日々から卒業したい!

MENU

お肉なしの1日!風邪の症状には色々ある(嘔吐・下痢の話あり)

息子が風邪をひいてしまい昨日は学校を休みました。昨日1日は「お肉は食べないでね」とお医者様に言われていたので、家族みんなお肉なしのヘルシーな1日。

 

朝食:息子は食欲がないので食べない。

  午前中に病院:「ウイルス性の風邪。今日はお肉食べないでね」

昼食:クタクタに煮た卵うどん

  日中:ゲームパラダイスの息子

夕食:豆腐鍋(白菜・大根・にんじんが下にたっぷり入ってます)

f:id:sunako-hibi:20220217144933j:plain

豆腐たっぷりでお肉や魚の入ってない鍋というものは初めて食べました。「旨味成分が少ない?」という気もしましたが、たまになら悪くない。消化不良が不安でキノコ系は入れませんでしたが、健康な時ならキノコをたっぷり入れると旨味が出ていいかもしれませんね。今回は具材の種類が少ないせいもあってか「美味しいけど最後は飽きる」とのご感想を息子からいただきました。息子よ、君のために急遽作った豆腐鍋だよ。

 

今日は朝から元気に食べて学校に行けたので一安心です。

 

 ウイルス性の風邪。いつもと症状が違ってた

今回の診察結果としてただの風邪だったわけですが、その症状は普段私が認識している風邪とは全く異なるものでした。

まず咳はたまにする程度。この季節なら乾燥するので健康でも多少の咳が出るので気にしてませんでした。鼻水,熱は全くなし。本人はめちゃくちゃ元気。

と、このような様子でした。

 

様子がおかしかったのは一昨日の夜中。

息子が夜中に急に起きて「お腹が痛い」と苦しみ嘔吐してしまいました。時間をあけつつ計3度嘔吐し、その後就寝。

夕食後6時間ぐらい経っているはずなのですが、1度目と2度目はあまり消化してなさそうな食べ物ばかり。3度目は食材はなくほぼ水分。嘔吐物独特の匂いもありません。

 

翌朝の様子は「食べたら吐きそう」と言うだけで至って元気そう。ただ、下痢はしていたようです。”いたよう”と言うのは私と夫には言ってくれなかったからです。病院の看護師さんにはちゃんと言ってくれたのでよかったですが、羞恥心が出てくると正直に言ってくれないこともあるので困りますね。

 

 病院に行かなきゃわからない風邪の症状

病院に行くまでは「食中毒」を疑っていましたが、家族は元気,学校からもなんの報告も受けていない。

気になったのは「消化不良」。これは嘔吐物が消化されていない、そして臭いがなかったからです。嘔吐物の酸っぱい臭いの原因は消化液に含まれる塩酸。その臭いがないと言うことは消化できてないと言うことがわかります。

現在の日本は落ち着いているとはいえコロナ感染の疑いもありました。

 

その結果 ウイルス性の風邪!色々疑っていたので正直ちょっと拍子抜け。「ピークは過ぎている」と言う言葉と”整腸剤”をいただいた安心感で帰路につくことができました。

 

やはり素人が色々考えたって『わからない物だな』と実感しました。

 

 おわりに

風邪が重症化して命を落とすことにつながることもあるので馬鹿にはできませんが、今回は「風邪」と言われてすごく安心しました。私にとっては「これが風邪!?」と思うような症状でしたが、コロナウイルスのことを考えればウイルス性の病気というのはそんなもんなのかもしれませんね。

余談ですが、久々に行った小児科は患者さんがほとんどいませんでした。昔はいつ行っても赤ちゃんや幼児(親も)がたくさんいたんですが…コロナのせいで病院は控える傾向にあるとは聞いてましたが、これほどまでとは驚きです。「コロナ患者受け入れをしていない病院は経営がやばい」というのも納得しました。

 

みんなが健康で病院に行くことなく過ごせるのが一番ですが、近所の病院が潰れてしまうのも困ってしまいますね。

 

 

おしまい。