引きこもり専業主婦 すなこの日々

引きこもり専業主婦 すなこの日々

なんとなく生きる日々から卒業したい!

MENU

手の届かないお風呂の天井を新アイテムでキレイにしたよ

前回に引き続き、今回はお風呂の大掃除をしました。

 

とは言ってもお風呂の大掃除は基本カビキラー祭りです。タイルの溝にカビキラーを噴射して、しばし放置。あとは水に流せばほぼピカピカになります。

 

しかし、ここで問題になるのが天井です。普段天井は全くと言っていいほど掃除をしていません。しいて言えば、カビ防止に冬場は結露を乾拭きするくらい。

でも手が届かないんですよね。浴槽の縁に立って届く範囲は乾拭きしていますが、手の届かないところはノータッチ。

 

そこで今回はこのようなアイテムを買ってみました!

f:id:sunako-hibi:20220217144327j:plain

近所のドラックストアで698円(税込)で購入。スポンジ部分は付け替え用も販売しているので、何事もなければ長く使えることを期待しております。

スポンジ部分は簡単に付け外しができたので、力を入れたい場所や細かい部分はスポンジを手に持って使えるのも高評価です。

 

というわけで、ろくに掃除されていない天井部分を早速ゴシゴシしてみました。

f:id:sunako-hibi:20220217144301j:plain
f:id:sunako-hibi:20220217144310j:plain

天井の掃除と言っているのに天井があまり映っていない撮影技術の無さ。すいません。

わかりにくかもしれませんが、AFTERの方が天井がワントーンほど明るくなっています。現場にいるとかなり満足のいくキレイさ!何やら黒っぽいものが見えますが、あれはペンキが剥がれたり、凸凹して汚く見えるだけなので汚れではありません。

ただ、見てお分かりになるようにタイルの溝の部分はやはり汚いまま。こちらのアイテムはそう言ったことを目的としていないので当然かもしれませんが、淡い期待をしていたのでちょっと残念です。



ということで再びカビキラー噴射!水で流した後再び新アイテムでゴシゴシ〜。

f:id:sunako-hibi:20220217144318j:plain

めっちゃキレイ!

これで「お風呂の大掃除したよ!」と声を大にして言えるのではないでしょうか。言わんけど。

 

お片付けはこのようにぶら下げることができるのも乾きやすいので嬉しいですね。

f:id:sunako-hibi:20220217144335j:plain

こちらの新アイテム(そもそも名前何?)

メリット

  1. 手の届かない天井の掃除ができる
  2. スポンジの取り外しが簡単
  3. 屈まずに浴槽の掃除が可能
  4. S字フックなどがあればぶら下げて片付けられるので衛生的

デメリット

  1. このアイテムだけに言えることではないですが、上を向く作業は首が辛い
  2. アイテムの首が固定されているので場合によっては作業しづらいかも(力が入りやすいので私的には高評価です)
  3. 水に濡らさないといけないで、水が垂れてきて濡れる
  4. 柄の長さは80センチしかないので床掃除に使おうと思うと腰が痛い

 

 おわりに

今までずっと天井の掃除がうまいことできなくて何かと苦戦していましたが、今回は思い切って新アイテムの購入をしてみました。

今まで購入しなかったのは、風呂場に物を増やしたくなかったから。

今回購入に至った理由は、お風呂の縁に立って作業するという行為が怖くなってきたから。

歳を重ねてくると、昔のように身軽に作業したり,無理な体制を取ったりというのが難しくなってきました。まだまだ大丈夫だとは思うんですが、恐怖心が出てきたということは体が「危ないよ」と訴えてきているんだと思います。

以前『熱いお湯には要注意!危険なヒートショック - すなこの日々』の話を投稿しましたが、お風呂での転倒は本当に怖いです。1つアイテムを増やすだけで安全に作業ができるのなら『そのほうがいいな』と思いました。

そして何より簡単にキレイにできたこと。今まで意地はって購入しなかったのがバカみたいです。お風呂に物を増やすと掃除がめんどくさくて嫌なんですが、便利な道具は適度に使っていきたいですね。

 

ちなみに息子からは「お風呂が眩しい!」と言われましたが、相変わらず夫は気づくことはありませんでした。眩しいほどキレイになったのに気付かない夫、ある意味すごくない?

 

 

おしまい。