引きこもり専業主婦 すなこの日々

引きこもり専業主婦 すなこの日々

なんとなく生きる日々から卒業したい!

MENU

暑い夏〜常備する飲み物〜 作っても作ってもキリがない

毎日 暑いですね。

こう暑いと すぐに冷たい飲み物が飲みたくなってしまいます。

我が家では 現在”3種類の飲み物”を日々作り常備しておりますが、毎日のように何かしら新しい飲み物を補給しております。

 1.夏は 麦茶

日本の夏といえばやはりこれ!麦茶です。

我が家で愛飲しているのは伊藤園の大量に入ったコレ。

保管は大きな保存袋にそのまま放り込んでいます。何度も使いまわしているので透明度が低いですが、麦茶パックが直接触れるわけではないのでまぁOK☆

 

そしてお勧めしたいのがこの麦茶ボトル!

2ℓという大容量で、なんと言っても洗いやすいんですd( ´)キリッ 

面倒なゴムパッキンが付いてない。さらにフタがこのように(↓)ガボッと完全に外れます。

これ素晴らしくないですか?

パーツは本体とフタの2つだけで、非常にシンプル。手を突っ込んでゴシゴシと洗うことができます。フタの注ぎ口部分だけは、どうしても洗いにくく汚れが溜まりやすいですが、定期的に漂白すれば全く問題ありません。

しかもお値段 近所のホームセンターで350円程度だったんですよ!

ネットの方がさらに安かった∑(゚Д゚)

まぁはっきり言って見た目はあまりよろしくありません。デカイので置く場所も、結構とります。

 

ですが衛生面を考えると、ズボラな私にはこのような物がピッタリなんです。

そもそも見た目が魅力的なものは、2ℓも保存できない物が多いですしね(^^;)とてもじゃないですが、作るのが間に合いません。

 

 2.熱中症予防に スポーツドリンク

息子の学校用・外遊び・私のウォーキング時など、色々な時に活躍してくれるのがスポーツドリンクです。

このクイックスポーツはアクエリアスポカリスエットに比べて断然安いです。

本音をいえばアクエリアスが好きなのですが、2日で1袋を消費するペースですのでちょっと手が出しづらいお値段になります(;´д`)

 

2020年 大塚製薬さんが「ポカリスエットは薄めないでほしい」と言ったことで話題になりましたね。

ポカリスエットではありませんが、私はこのクイックスポーツをガッツリと薄めています!

なぜなら息子の学校用水筒が1ℓ入るものだからです。流石に毎日1ℓものスポドリを飲ませるのは、糖尿病が気になってしまいます。かといってお茶とスポドリを分けて水筒2本持たせるのも重たいですし・・・そこで「スポドリ500ml +水500ml=1ℓ」というスタイルになりました。

 

というか、スポドリって甘すぎませんか?個人的には薄めたぐらいで飲みやすいと思っています。私のウォーキング時に持ち歩くのも、倍に薄めたものです。

 

 3.仕事・ブログのお供 アイスコーヒー

集中して物事を進めるためにはアイスコーヒー

AGFの「ちょっと贅沢な珈琲店(詰替用)」をUCCの瓶に詰めてます(笑)

ただしAGF詰替用は120gなのに対して、UCCの瓶は90g用。当然 詰替用が入りきらないので、残ったものは写真のように保管しています。保存袋2枚重ねにしていますが、今のところ湿気たりしたことはないです。

 

別にこれもこだわりはありません。「近所でよく安売りしている・値段と味に納得している」ということで、大抵このコーヒーが選ばれています。

 

作り方も適当で、ボトルにインスタントコーヒを投入して沸かしたお湯を注ぐだけです。飲むときは牛乳を混ぜるようにしているので、少し濃いめに作っています。

ボトルは無印さん。麦茶ボトルと違ってゴムパッキンが付いていますが、手がしっかり入るのでこれも洗いやすいです♪

ただし手の大きな女性や男の人だと入らないかもしれません。

洗いやすいので気に入っていますが、値段がお手頃な分ガラスは薄め。荒々しい私としては、割らないように丁寧に扱っている一品です。

 

 おわりに

毎年夏は、この”3種類の飲み物を”常備しております。

息子の外遊びペースによって変わってもきますが、大体どの飲み物も2日に1度は作っていますね。本当に作っても作ってもキリがないです。

 

当たり前のように書いてしまいましたが、息子の小学校では「夏の間はスポドリOK」となっています。

私が子供の頃は水筒すら持って行ってなかったのですが、今では水筒持ち込み当たり前。夏場はスポドリまで許可されるとは・・・熱中症の恐ろしさが浸透され,夏の暑さがそれだけ辛くなったのだと感じさせられます。

 

作るのはめんどくさいですが、重たい飲み物を大量に買うのもめんどくさい。コスト的にも作った方が断然安上がりです。

 

夏場にはしっかりと意識して水分をとってください!

 

 

おしまい。