引きこもり専業主婦 すなこの日々

引きこもり専業主婦 すなこの日々

極力家から出たくない!ケチでズボラな30代主婦の日常

MENU

【ショートブログ】消費税に絶望を感じた時

 このブログは広告が掲載されています

※2023年1月23日。消費税率が間違っていたので、訂正しました。

私が小学1年生か2年生くらいの時の話。

 

母から100円玉1枚を受け取り「好きなお菓子を買って来ていい」と言われた。

私は大喜びで100円を握りしめ、近所のスーパーへ走って行った。

 

 

 

当時の私は、まだ1人での買い物には慣れていない。

そして3人兄弟なので、基本的にはお菓子は分割。

そういう状況だった。

 

 

私が選んだお菓子は、当時大好きだった「おっとっと」

間違いがないように、表示されている金額と手に持った100円玉を何度も見比べて買えることを確認した。

 

普段なら3兄弟で分けるところが、これを『1人で食べれる』とワクワクだ。

 

 

そんな天国な状況が、レジのお姉さんの一言で絶望に変わった。

「お会計101円です。」

『101円?1円って何?100円で買えるものを選んだはずなのにどうして?』

 

そう。世の中には消費税というものが存在したのだ。

今となっては当たり前だが、当時は消費税が導入されて1〜2年程度。

買い物は数回しか経験のない、小学生低学年の私にはそんなものの存在すら認識されていなかった。

 

 

私は蚊の鳴くような声で「1円ありません」と答えた。

恥ずかしくて顔が真っ赤になったこと・泣き出しそうになるのを必死に堪えていたのを、よく覚えている。

もう「おっとっと」も100円も放り出して、走って逃げ出したかった。

 

すると後ろに並んでいたおばちゃんが笑いながら「1円あげるよ〜」と、レジのお姉さんにお金を渡してくれた。

 

私は窮地を脱出することができたのだ。

 

 

このことがあってから、息子には

「世の中には消費税というものがある。表示されている見た目の金額以上に請求されるから、買い物をするときは気をつけなさい」

と、よく言い聞かせている。

 

でも最近は税抜き価格と税込価格の両方を記載してくれていますね。

そしてあの時は自分のことで一杯一杯だったせいで、1円をくれたおばちゃんのお礼を言ったのか覚えていない。

あの時のおばちゃん。本当にありがとうございました。

親切な世の中だ(о´∀`о)

 

約34年前(おっとっと 98円)+(消費税 3%)=101円

現在(おっとっと 128円)+(消費税 8%)=138円

 

恐ろしい世の中だ( ;´Д`)

 

※現在の「おっとっと」の消費税率が間違っていたので訂正いたしました。申し訳ありません。

【訂正前:現在(おっとっと 128円)+(消費税 10%)=140円】

 

 

おしまい。