引きこもり専業主婦 すなこの日々

引きこもり専業主婦 すなこの日々

なんとなく生きる日々から卒業したい!

MENU

鬼っていうか節分っていうか、アニメっていうか…

今週のお題「鬼」

f:id:sunako-hibi:20220202143722p:plain

「鬼」と言ったらやはり「節分」ですね。

すっかり忘れていましたが、お題のおかげで思い出しました。

 

 恵方巻きって高すぎじゃない?

恵方巻きの値段って年々上がってませんか?

そもそも太すぎるんよ。そんな豪華じゃなくてもいいんですよ。あんな太いのを「1本丸々黙って食え!」って無理すぎじゃない?

 

○そもそもなんであんな太いの?

恵方巻きは福を巻き込むという意味を込めた巻き寿司。七福神にあやかり7種類の具が入ったものが好ましいとされている。

 

とのことです。だから通常の巻き寿司にくらべて、具材が多くなる分太くなってしまうんですね。

 

○だからって値段高すぎじゃない?

昔、節分に大阪で商売繁盛を祈って食べられていた太巻き。それが近年全国展開され、商売繁盛の道具となってしまった。

 

一部の地域で行われていた行事が、情報化社会の影響で全国に広がったイベントは多いですね。たくさんの人が恵方巻きを食すようになったことで、具材も多種多様になり金額も幅広く扱われるようになりました。

 

 手作りって鬼ですかい?

先日、どこかの恵方巻きのCMを見て「こんなに高いの?」と夫が言い出しました。

 

残念ながら我が家が毎年恵方巻きとして買っているのは太巻き。具材もツナやカニカマなどシンプルなものが4種類入った物で、お値段はそこまで高くないです。それでも『高いな』とは思っていますが。

 

しかしこの恵方巻きのCMを見て「こんなに高いなら買わなくていいよ。」と夫が言い出しました。

 

『買わなくていい。とは?』

恵方巻きは今年は食べないと言うことかな?』

『まさか・・・』

 

嫌な予感を感じながら夫の顔を見たら…

 

ツナマヨ巻きとかなら作れないかなぁ?」

 

だってさ!不器用な私に巻き寿司を作れとはですかい?そんなこと思ってないけど、恵方巻きの話しかしてないからここでお題の回収をしておきましょう。

 

しかし一家の大黒柱が望むのならば、暇な専業主婦の私はやらなくてはいけません。具材も単品ものでいいようなので、なんとかやって見ようと思います。

 

 鬼のアニメ

「鬼」といえば1番最初に思い浮かんだのは「鬼滅の刃」。

これが一番に来るのは時代の流れとして仕方がない。ただ、鬼滅の鬼には豆なんて投げたってなんの役にも立たないだろう。2期では伊之助の成長っぷりが嬉しくて仕方がないので、今後とも伊之助を見守っていきたいと思います。

 

次は「うる星やつら」のラムちゃん

今年度はアニメ化が決定しています!確かラムちゃんたちの星で”豆まき大会”をやっていたエピソードがあったと思うので、ぜひそこもアニメ化してほしいですね。原作当時より規制が厳しい昨今で、どこまで表現してくれるかわかりませんがとっても楽しみです。

 

最後は「鬼灯の冷徹

地獄とは鬼の職場で、生前 悪いことをして地獄に落ちた人間に罪を償わせるのが仕事。地獄の番人として働く、個性豊かな鬼の面々のユーモアあふれるアニメ。

個人的に桃太郎と白澤がお気に入り。犬猿の仲である鬼灯と白澤がやり合ってるときに、のんびり見てたりする桃太郎との関係性が好きです。

上2つは今更いうまでもなく有名な作品ですが、こちらも面白いのでぜひ見ていただきたいです。

 

 

 おわりに

鬼と言われても時代が鬼滅すぎてそれ以外何も浮かばなかったです。

 

とりあえず節分のことを思い出させてくれてありがとうございます。子供が小さいうちは、やはりイベントごとは大事にしたいですよね。

恵方巻きを今年は作ることになってしまったので、また節分のエピソードもかけたらいいですね。

そう思うと少しは憂鬱な巻き寿司作りも楽しくなってくるかもしれない。

 

 

おしまい。